そろばんクラスSOROBAN CLASS

40年の実績と最新の指導法
お子様に必要な学びがここに
中学受験の土台作りにも最適です

そろばん学習を通して身につく暗算力や集中力を、学校の勉強や将来役立つ脳力に転化させることを常に意識して授業を行っております。
また、多様な学習プログラムを通して、脳をバランスよく育てます。

音読伝票

授業のはじめに脳を活性化させる『音読伝票』を行います。
『音読伝票』は、四字熟語、日本の偉人、世界の偉人、都道府県、俳句など 12種類あり、月ごとに音読する伝票がかわります。
1年で全種類を音読し、毎年繰り返すため、音読した内容が脳にしっかり定着します。
「受験に役立った」「音読伝票をやっていてよかった」など卒業生からの評価が高い学習プログラムです。

各自のレベルに合った学習

音読伝票の後は、各自のレベルに合った学習を進めます。
教室には小学1年生から高校生まで集いますが、 常時 3~4名の先生がおり、ひとりひとりに寄り添った指導を行います。
また、珠算・暗算検定試験が2ヶ月に1回実施されるため、常に目標を持ち努力できる環境が整っております。

フラッシュ暗算

フラッシュ暗算とは、コンピューター画面にフラッシュ式で出題される数字の問題を、珠算式暗算を使って計算するものです。
そろばんの玉を頭にイメージして計算する珠算式暗算は、子供のときにしか身につけられません。
当スクールでは、フラッシュ暗算検定試験を毎月実施し、スモールステップで珠算式暗算の力を養います。

算数ホップ

そろばん学習で得た暗算力を算数に活かすため、『算数ホップ』というテキストを取り入れています。
「計算は得意だけれど文章問題ができない」「分数が苦手」「図形がよくわからない」などの問題点を見つけ出し、クリアできるよう指導致します。

オンラインレッスン Plus+

毎週「日本語読み上げ算」「英語読み上げ算」のZoom授業を行っております。
当スクールの生徒であれば、自由に参加でき、ご自宅でそろばん・暗算の練習ができます。
対面授業にオンラインレッスンをプラスして力を伸ばしましょう。
その他、学校が休校となった場合にはオンライン授業に切り替え、ご自宅で学習を進めていただくことも可能です。

英語読み上げ算競技日本一輩出

英語で読み上げられる数字を、そろばん・暗算で計算する英語読み上げ算は、英語の数に強くなるだけでなく、母国語以外の言語を聞き取って何かをするという脳への負荷により、脳力開発を促します。
当スクールでは、この学習プログラムに力を入れており、英語読み上げ算競技大会において、日本一をはじめ上位入賞者を輩出しています。
また、競技上位入賞者の多くが、後に有名国公立、大学に進学していることからも、英語読み上げ算の学習効果を多くのお子様に実感してほしいと願っております。

アドバンスクラス

そろばんクラス受講生のための
国語が学べるオプションクラス

昨今、中学受験をされる方が多くなっておりますが、アドバンスクラスの学習内容は、受験時や受験後に役立つことをひとつの目安としております。

漢字テスト

出題範囲を事前にお知らせし、毎週漢字テストを行います。
暮らしの中にはいくつもの言葉、言い方がありますが、漢字テストの際、漢字そのものは書けても、 なじみの薄い言葉の正解率は低くなる傾向があります。
例えば「木」という漢字の正答率は(き 96.2%、モ ク 90.2%、ボク 40.9%、こ 3.3%)となり、「こ(の葉)」 となると解答できなくなるケースが目立ちます。
アド バンスクラスでは、ひとつの漢字について様々な熟語 を書くテストを行い、真に使える漢字力を養います。

言語表現

毎週多種多様なテーマを出題します。テーマついて考え記述することを繰り返ししながら、主語述語の関係性や句読点のつけ方、文の構成、読み手に伝わる文章の書き方を身につけていきます。
また、文章を書くだけではなく、グループディスカッションを通して「自分の意見を言うこと」「他人の意見に耳を傾け、自分の考えと比較してみること」「皆で協力しながら課題を解決すること」「人前ではっきりと話をすること」等のトレーニングを行います。

古文・音読暗唱

論語・百人一首を1年交替で行います。
論語の音読・暗唱では、ものの見方・感じ方・考え方を広くし、人生を豊かにする態度について学びます。
百人一首の音読・暗唱では、美しい日本語のリズムや表現を身につけます。

地図学習

小学校では、4 年生が「47 都道府県の名称と位置」、5 年生が「世界の国の名称と位置」を覚えることになっています。
アドバンスクラスで毎年地図学習を繰り返 し行い、日本地図・世界地図をしっかり覚えましょう。